オフィスブログ

健全な歯は抜きたくありません

現代人の親知らずは、歯が生える場所のスペース不足や虫歯が原因で抜かざるを得ないのが現状です。しかし、矯正治療をする場合には虫歯になっていない親知らずを抜くよりは、大きな虫歯の治療がすでにされている金属の歯を抜くという選択枝もあります。

この患者様の場合は、左下の奥から2番目の金属の歯の今後の寿命を考え、この歯を抜歯して矯正治療しました。虫歯になっていない健全な親知らずを前方へ動かし、金属の歯(12歳臼歯)の代わりに使えるようにしました。この歯の移動には約6カ月かかりました。

健全な歯を矯正治療の為に抜くということは、できるだけ避けたいと考えています。患者様はもちろんのこと、私も健全な歯は抜きたくありません。

 

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。