オフィスブログ

犬歯を抜いてはいけません

萌出順序が後の方であるという理由で、歯列から外側にはずれて、犬歯が萌出してしまうことがあります。いわゆる八重歯です。矯正という治療法がない時代には、日本においては、「八重歯は可愛い」と認識され、そのまま放置されたり、あるいは邪魔者扱いされて、抜かれてしまうことがよくありました。

近ごろでは、八重歯を治したくて来院される方がほとんどです。しかし、中には、「その犬歯を抜いて、矯正治療する」という説明を他院で受けて、納得できずに相談に来られる方もいらっしゃいます。

犬歯は他の歯に比べ虫歯になりにくく、根が長い為に強い歯であり、生涯にわたってキープできる可能性の高い歯です。ですから、安易に抜いたりせずに矯正治療して、歯列内にきちんと戻してあげるのが、良いと考えています。咀嚼時(食べる時)にも、とても重要な歯なのです。

これらの写真が示すように、完全に歯列の外に飛び出ているような犬歯であっても、治すことが可能です。あきらめずに1本でも歯を長く残すように矯正治療をすすめて行きたいと考えています。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。