オフィスブログ

感染対策・粉塵対策~口腔外バキューム・空気清浄器~

身体の具合が悪く病院に行ったとき待合室で待っている間、空気清浄機がどこにあるか気になったことはありませんか?歯科医院ではお口の中を治療するのですから院内の空気環境はとても気になりますね。

1.口腔外バキューム

虫歯の治療で歯を削るときや歯のクリーニングをする時にお口の中のお水やだ液を吸いとる機械をバキュームといいますが、歯を削るタービンは一分間に30万~50万回程度回転しているのでかなりの勢いです。お口の中に入れるバキュームだけではタービンから出てくるお水や虫歯の削りかすなどを吸いきれないので、周辺に飛び散ってしまいます。それを吸ってくれるのが口腔外バキュームです。

治療中患者様は口を開けているので鼻呼吸になりますので虫歯の削りかすや古い金属の削りかすを鼻から吸ってしまわないように、この口腔外バキュームを口元で作動させます。掃除機のような大きい音がしますが、まさに掃除機のように吸ってくれます!

 

2.マイクロカボ

CIMG0027仮歯や義歯の調整はチェアサイドで行うことがほとんどですが、その際も削りかすが出ます。その際はマイクロカボというコンパクトな集塵機を持ってきてその中で削ります。顔や頭のそばで削りかすをまき散らすことなく治療が行えます。

 

 

3.空気清浄機

診療室内全体の空気清浄には市販の置き型空気清浄機の7~10倍の空気清浄能力のある本格的業務用空気清浄装置を使用しています。こちらは天井埋め込み型で毎月に業者さんが定期メインテナンスを行ってくれるのでいつも快適な空気環境が保てています。

花粉症対策にもなる空気清浄機で、患者様だけでなく、スタッフも大変助かっています。また、歯科特有の薬剤の臭いも取り除いてくれますので、ゆうデンタルオフィスの院内は、あの歯医者特有のいや~な臭いかが全くしないのです。時々、アロマの香りだけは漂ってきますけどね!

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。