オフィスブログ

左右のバランスが重要です

この患者様の前歯は完全に重なっていて、前からは見えない状態でした。周囲の人からは、比較的良い歯並びをしていると思われていたことでしょう。しかし、ご本人にとっては、重なっている歯がじゃまをして、下あごが自由に動かせず、発音もしにくかったようです。

数十年前であれば、矯正治療せずにこの重なっている歯を抜いてしまうことも多かったと思います。しかし、この歯を抜いてしまうと左右の歯の数が合わなくなってしまい、咬み合わせのバランスが悪くなってしまいます。また、そのことにより姿勢にも悪影響が生じてしまうんです。

この患者様の場合、上顎に大きな親知らずが2本確認できましたので、親知らずの前の歯(12歳臼歯)を抜いて、12ヶ月で矯正治療を終えました。それが下の写真です。

ゆうデンタルオフィスでは、見た目の改善のみを目標にしているわけではなく、咬み合わせの改善を第一に考えて治療しています。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。