オフィスブログ

反対咬合の矯正治療ー数ケ月で色々なことが変わります

反対咬合とは上の前歯より下の前歯が前方に出ている、いわゆる「受け口」のことです。身長が伸びるのに伴い下顎骨自体が、あまりにも大きくなってしまうと、外科手術が必要になる場合もあります。

この症例は思春期成長前でしたので、外科手術なしで矯正治療することができました。いずれ大きくなっていくであろう親知らずは治療前に抜歯してあります。

矯正装置を付けていたのは1年ですが、前歯の咬み合わせの改善には5ヶ月しかかかっていません。前歯の咬み合わせの改善により、麺類を咬み切ることが可能になり(患者様はとても喜んでいました)、また、矯正治療と同時にMFT(舌の正しい位置の指導や舌の筋トレ)を行い、舌の位置も改善したことにより、舌足らずのような発音もなくなり、聞き取りやすい発音ができるようになりました。気が付けば、笑顔が多くなり、より明るい性格になられたようにスタッフ一同感じています。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。